インターネットバンキングの有効活用 銀行へ行かなくても口座管理
預金と預貯金
銀行に預けるお金には預金と貯金があります。預金も貯金も良く耳にする言葉ですが、この2つの違いは何か考えたことはありますか。ここではこの預金と貯金についてご説明したいと思います。

お金の貯め方には多くの方法があります。貯金箱にコツコツためるのも貯金ですし、お金が入った通帳をどこかタンスの奥にでも入れておいてもそれは貯金です。また、金融機関に預けるのも貯金です。これからわかるようにお金を金融機関に預ける事も貯金の一種なのです。

元々、郵便局や農協や漁協は国民がお金を蓄えることを奨励するのが目的のひとつでした。その為、郵便局や農協、漁協はお金を貯める所なので貯金と表されるのです。銀行は元々、商売などをする人が決済を便利に行うために一時的にお金を預けるところとして役割が強くありました。その為、預金という言葉で表されることが多いのです。つまり、漢字をみてわかるように預金はお金を預けるという意味であり、貯金はお金を貯めるという意味合いで利用されています。

万が一、銀行が破たんした場合、預金保険制度によって保護されています。郵便局は元々、国が運営していたものであり、郵便局が破たんした場合には国が保証することになっていました。しかし、現在は郵便局は民営化され、郵便貯金も預金保険制度が適用されることになりました。このように預金と貯金の違いは実質に違いがなくなってきているのではと考えられます。

預金とは逆でお金を借りなければならないという状況になった時も、インターネットバンキングは金利が低くて人気ですよ。※参照:http://xn--ecksj1a2byab2b5b2p9fi3i.net/
預金について

インターネットバンキング

Copyright (C) インターネットバンキングの有効活用 銀行へ行かなくても口座管理 All Rights Reserved